2018年8月15日水曜日

民間人だからできた学術交流

2014年、神戸平和研究所の理事長杣浩二氏は研究論文をモルドバの大学で発表できることになっていました。杣理事長は在イスラエル・モルドバ大使館に依頼してモルドバの大学でそれが実現することになっていました。ところが、1014年の夏になっても在イスラエル・モルドバ大使館からモルドバの大学の招待の通知はありませんでした。

2018年8月8日水曜日

今、モルドバで何が起きているか


 モルドバでは政治不信が再燃しています。2008年モルドバでツィッター革命がありました。2001年から2008年まで旧ソ連圏では唯一モルドバで、共産党のボローニンが大統領に選出され共産党政権が復活したのです。ところが共産党政権は腐敗していきました。ロシアのプーチン大統領とも上手くやれませんでした。プーチン大統領は共産党が嫌いでした。共産党はモルドバの優良企業を次々に国営化しただけでなく私物化して腐敗したのです。秘密警察は大統領を守る役割が特別に与えられ、大統領を守るためであれば盗聴や検閲は合法的に行うことができます。ところが、共産党時代の秘密警察は「大統領の家族を守るために、盗聴や検閲をしている」と国民に思われていました。そのようにして腐敗したのです。

ジャンボツアーズ社との出会い


 現在のロシアのプーチン大統領が2回目に就任したのは201257日です。ちょうどプーチン大統領がクレムリン宮殿で就任式の準備をしている時期に私は長男と一緒にツアーに参加していました。長男安一は日本モルドバ友好協会の正会員で「モルドバを理解するにはロシアとの関係を知る必要があります」という私の説明に同意して参加しました。

2018年7月24日火曜日

ウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相の来日講演

ウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相の来日講演
 
日本とモルドバが活発な友好関係にあることが誰にでもわかる講演がありましたのでご紹介します。ウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相が来日して活発な外交を展開しています。河野外務大臣と会談して日本モルドバ間の親交を深めるのが最大の来日目的ですが、それだけでなく日本の経済界、メディアに直接語りかけたウリアノブスキ外務・欧州統合相の講演は「顔の見える外交」として大成功と言えるでしょう。なぜなら、日本人はほとんどがモルドバの国も、モルドバ人も、モルドバの言語も歴史も芸術も産業も何も知らないことばかりだからです。
 
201872日日本記者クラブの講演にウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相が招待され講演しました。インターネットで公開されています。
 
 
 
 

2018年7月17日火曜日

モルドバの生活風景

モルドバの田園風景
モルドバの生活風景

神戸に25才のモルドバ人青年が1人語学研修のために来ています。2016年の夏にモルドバで通訳や道案内してくれました。名前は仮称ですがレッド君。レッド君はもう1年前から神戸に来ていますがすぐには連絡して来ませんでした。きっと自力で生活しようと覚悟して日本に来たのだと思います。
 
Design by Free WordPress Themes | Bloggerized by Lasantha - Premium Blogger Themes | Hot Sonakshi Sinha, Car Price in India