2018年9月20日木曜日

日本モルドバ友好協会会長James Nada氏来日

米国ラスベガスに在住するJames Nada氏、日本モルドバ友好協会会長が来日中の2018914日東京で沓澤美喜理事とともにお会いしました。Nada氏は1996年から1998年まで3年間モルドバに滞在しモルドバの復興のために努力された日系アメリカ人で、当時すでに1994からモルドバ復興支援活動をしていた沓澤美喜理事と一緒に活動する機会もありました。以来、私ども夫婦はNada氏と親交を深め毎年一度は東京か神戸でお会いしモルドバ支援に関して情報を交換してまいりました。

2018年9月13日木曜日

モルドバと日本をぶどうで結ぼうという話

■■■コウノトリがぶどうの小枝を運んだという伝説■■■
 
モルドバの特産品はぶどうです。3000年ぐらい前、モルドバは大変貧しかったので神様は同情してコウノトリにぶどうの小枝をくわえてモルドバに運ばせ、ぶどうを栽培して貧しさを克服するようにしましたという伝説があります。コウノトリは今もモルドバの各地に住んでいます。コウノトリは図案化されモルドバの様々な企業のシンボルになっています。

2018年8月28日火曜日

モルドバで日本の最先端医療機器納入


モルドバの首都キシナウの郊外の林の中にモルドバ国立医科薬科大学があります。キャンパスには塀のようなものはなく誰でも自由に散策できますし、学食で食事を楽しむこともできます。キャンパスには白衣を着た学生が行き来していますし、ゼロックスと表示されたコピーサービスの店舗も見かけます。ここからモルドバの医療や薬局を支える人材が輩出されていることがわかります。
 

2018年8月21日火曜日

メダルに近いモルドバ柔道


モルドバの柔道の選手が日本の著名な選手に勝ったというニュースは数回聞いたことがあります。
2013年にモルドバの柔道選手が5人、アラブ首長国連邦(UAEに国籍を移して世界選手権やリオオリンピックで銅メダルを獲得したりしました。モルドバの経済がそういう選手を育成する余裕がありませんでしたのでモルドバの名前は出てきませんでしたがこれからは様子が変わりそうです。



 

2018年8月15日水曜日

民間人だからできた学術交流

2014年、神戸平和研究所の理事長杣浩二氏は研究論文をモルドバの大学で発表できることになっていました。杣理事長は在イスラエル・モルドバ大使館に依頼してモルドバの大学でそれが実現することになっていました。ところが、1014年の夏になっても在イスラエル・モルドバ大使館からモルドバの大学の招待の通知はありませんでした。

2018年8月8日水曜日

今、モルドバで何が起きているか


 モルドバでは政治不信が再燃しています。2008年モルドバでツィッター革命がありました。2001年から2008年まで旧ソ連圏では唯一モルドバで、共産党のボローニンが大統領に選出され共産党政権が復活したのです。ところが共産党政権は腐敗していきました。ロシアのプーチン大統領とも上手くやれませんでした。プーチン大統領は共産党が嫌いでした。共産党はモルドバの優良企業を次々に国営化しただけでなく私物化して腐敗したのです。秘密警察は大統領を守る役割が特別に与えられ、大統領を守るためであれば盗聴や検閲は合法的に行うことができます。ところが、共産党時代の秘密警察は「大統領の家族を守るために、盗聴や検閲をしている」と国民に思われていました。そのようにして腐敗したのです。

ジャンボツアーズ社との出会い


 現在のロシアのプーチン大統領が2回目に就任したのは201257日です。ちょうどプーチン大統領がクレムリン宮殿で就任式の準備をしている時期に私は長男と一緒にツアーに参加していました。長男安一は日本モルドバ友好協会の正会員で「モルドバを理解するにはロシアとの関係を知る必要があります」という私の説明に同意して参加しました。

2018年7月24日火曜日

ウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相の来日講演

ウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相の来日講演
 
日本とモルドバが活発な友好関係にあることが誰にでもわかる講演がありましたのでご紹介します。ウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相が来日して活発な外交を展開しています。河野外務大臣と会談して日本モルドバ間の親交を深めるのが最大の来日目的ですが、それだけでなく日本の経済界、メディアに直接語りかけたウリアノブスキ外務・欧州統合相の講演は「顔の見える外交」として大成功と言えるでしょう。なぜなら、日本人はほとんどがモルドバの国も、モルドバ人も、モルドバの言語も歴史も芸術も産業も何も知らないことばかりだからです。
 
201872日日本記者クラブの講演にウリアノブスキ モルドバ外務・欧州統合相が招待され講演しました。インターネットで公開されています。
 
 
 
 

2018年7月17日火曜日

モルドバの生活風景

モルドバの田園風景
モルドバの生活風景

神戸に25才のモルドバ人青年が1人語学研修のために来ています。2016年の夏にモルドバで通訳や道案内してくれました。名前は仮称ですがレッド君。レッド君はもう1年前から神戸に来ていますがすぐには連絡して来ませんでした。きっと自力で生活しようと覚悟して日本に来たのだと思います。

2018年7月10日火曜日

フォト・アーチストの著書

フォト・アーチストの著書
 
昨年の7月にモルドバに写真撮影のためにみやこうせいさんにお越しいただいてからもう8回もモルドバ撮影にお越しになりました。フォト・アーチストみやこうせいさんはルーマニアをフィールドとして180回以上撮影旅行を続けておられますのでルーマニア語を話すことができます。

2018年7月4日水曜日

EUとロシアのはざまに立つモルドバ

EUとロシアのはざまに立つモルドバ
 
よく受ける質問に「モルドバはEU寄りですか、ロシア寄りですか」というのがあります。モルドバは東ヨーロッパに位置していますが、宗教的に言えば明らかにロシア正教というキリスト教を信じている国民が圧倒的に多く、カトリックやプロテスタントのキリスト教とは雰囲気が違います。

2018年6月26日火曜日

2017年度の決算に伴い理事会・総会を開催しました

2017年度の決算に伴い理事会・総会を開催しました
 
2018616日午前11時から午後2時までインド料理店ゲイロード三宮店で2017年度の事業報告、決算報告等の理事会、総会を開催しました。参加者は理事長沓澤正明、理事 沓澤美喜、今中由美子、細井真美、佐藤絹子、監事 中尾康三、委任状(参加と同等):理事3人、正会員2人でした。オブザーバーとして武田有賀他2人でした。
司会は細井真美がしました。議長は理事長沓澤正明でした。

2018年6月22日金曜日

アジアユーラシア総合研究所を訪問して

2018616日、私は実に52年ぶりに千駄ヶ谷駅を降り立ちました。19663月北海道旭川工業高校土木課を卒業して東京のパシフィックコンサルタンツに入社した私は毎週3日間は午後4時に仕事を終えて千駄ヶ谷駅前にあった津田塾英語会に通っていました。
なつかしく思いながら約束よりも1時間以上も早く来て52年の歳月を振り返りました。

2018年6月13日水曜日

私達のことば

『私達のことば』

モルドバは旧ソ連の中ではとても小さな自治共和国でした。モルドバのずっと北のほうにカレリア自治共和国があります。ノルウェーに近いところです。モルドバは旧ソ連崩壊と同時に1991年に独立しましたが、カレリア自治共和国は独立できませんでした。モルドバとカレリアは同じぐらいの大きさの国ですが何が違ったのでしょうか。


2018年6月5日火曜日

詩人ミハイ・エミネスク

詩人ミハイ・エミネスク
 
モルドバでは詩人は神の使いであるとされています。詩は神の言葉とされ暗唱の対象となっています。就学前から子供たちは家で詩の朗読を覚えます。自己紹介するときも自分の名前を紹介するだけでなく、自分の好きな詩を暗唱します。モルドバの識字率は100%です。詩の朗読はとても美しい文化的伝統であると思います。

2018年5月30日水曜日

モルドバの乗り物事情



モルドバは車社会です。自転車とかバイクはほとんど見かけることはありません。車のみの車社会です。


自動車はドイツ車が目立ちます。バスにも乗用車にもベンツのマークをよく見かけます。

次に多いのが日本車でトヨタやマツダは人気車です。路上駐車が非常に多く、以前の日本もこんな感じだったと懐かしい感じを受けます。

2018年5月22日火曜日

≪新年度を迎えて≫ごあいさつ

≪新年度を迎えて≫ごあいさつ
 
モルドバを支援してくださっている皆様、またホームページのブログを読んでくださっている皆様、こんにちは。
 
20156月に日本モルドバ友好協会は特定非営利活動法人として東京都から認証されて以来、日本とモルドバの国際交流を目的として活動してまいりました。
 
この3年間の活動を振り返ると
 

2018年2月22日木曜日

兵庫県国際交流協会で講演

2018125日兵庫県国際交流協会の交流ギャラリーホール30人ほどのモルドバセミナーを開催しました。私が講演しましたのでその時の講演内容を報告します。(報告者 沓澤正明)
 

 
Design by Free WordPress Themes | Bloggerized by Lasantha - Premium Blogger Themes | Hot Sonakshi Sinha, Car Price in India